2010年04月17日

参院選 タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)

 今年夏の参院選大阪選挙区(改選数3)に民主党公認候補として立候補するタレントの岡部まり氏(50)が14日午後、小沢一郎幹事長と共に大阪市内で会見する。民主党は同選挙区で、現職の尾立源幸氏(46)=1期目=を既に公認候補として発表しており、同党からは2人目。89年から朝日放送の人気番組「探偵!ナイトスクープ」に秘書(アシスタント)として出演。過去にも旋風を起こしてきた「大阪タレント票」の行方に、各党は戦々恐々としている。【堀川剛護、佐藤慶、平川哲也】

 同選挙区には、尾立氏のほか▽自民現職の北川イッセイ氏(67)▽公明新人の石川博崇氏(36)▽共産新人の清水忠史氏(41)▽社民新人の大川朗子氏(52)らが立候補を予定している。

 大阪選挙区では01年以降、3回連続で民主、自民、公明が議席を分け合ってきた。民主府連は、2人以上の改選区には複数候補を立てる党方針に従い、昨年10月、大阪選挙区からの2人擁立を決めた。労働組合を中心に組織的な支持基盤を持つ尾立氏との「共倒れ」を避けるため、無党派層にも人気があるテレビ出演者を中心に人選していた。岡部氏は長崎県出身。

【関連ニュース】
岡部まり氏:民主から出馬へ 参院選・大阪
参院選:「第三極」で明暗、たちあがれ日本とみんなの党
みんなの党:参院選比例に前杉並区議を擁立
参院選:三原じゅん子さん出馬に意欲…がん体験生かしたい
自民:参院選岩手で県議を公認

東京消防庁消防士を逮捕=夜行バスで強制わいせつ−栃木県警(時事通信)
「産科危機的出血」でSI応用した対応GL発表―麻酔科学会など(医療介護CBニュース)
阿久根市長派が不信任案…反市長派、挑発に乗らず?(読売新聞)
地球1周マラソンを一時中断=間寛平さん、治療のため米国へ(時事通信)
「たちあがれ日本」旗揚げ=反民主、「第三極」目指す−平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)
posted by イソムラ ジロウ at 03:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

空を流れる黄河があった(産経新聞)

【ソロモンの頭巾】

 黄砂が気になる。昨年10月と12月には、秋の黄砂が観測された。11月に日本へ飛んでくることはあるのだが、10月と12月の黄砂は、それぞれ17年、16年ぶりのことである。黄砂の大型化の前触れだろうか。

 その予兆に違(たが)わず、今春の黄砂は大規模らしい。北京では「十年最強」、ソウルでは「史上最悪」と報じられている。

 春分の日の3月21日には、北海道から沖縄にまで飛来した。広がり方としては、この10年で最大の規模だ。春の甲子園も黄砂の入場行進となった。

 ソウル支局に尋ねると、発生時には市街の景色が暗くなることがあるという。マスクが欠かせず、政府は呼吸器系への健康被害の注意を呼び掛ける。

 北京の中国総局で黄砂を体験してきた記者の話ではもっとすごい。中国では黄砂を含んだ強風で鉄塔が倒壊することもあるし、家畜も倒れる。息ができなくて死んでしまうのだ。

 黄砂の故郷は、中国奥地のゴビ砂漠や黄土高原などだ。春の低気圧に巻き上げられた土砂が偏西風に乗って韓国、日本にやってくる。

 黄砂は昔からあった。「春(はる)霞(がすみ)」も黄砂だといわれる。嘉禄2年2月17日(1226年3月23日)の「吾妻鏡(あづまかがみ)」の記録は、規模が大きくなった珍しい例だ。「風少し吹く。四方暗くして霧霞のごとし。午刻(正午)より晩景に及ぶ」

 現代ではこの規模がまれでなくなった。2005年にソウルで開催された日中韓の環境相会合での共同声明には黄砂も加わった。2000年ごろから被害が目立ち始めたためである。

 過放牧や過耕作によって土地の荒廃が進んだことが原因とされている。一説にはカシミヤ用のヤギの放牧増加が引き金となったともいわれている。

 日本への飛来には年変動があるものの、全体の傾向として黄砂は増えている。

 過去40年間の年別黄砂観測日数の棒グラフを眺めると1980年代半ばから立ち上がり始める大きな山が見てとれる。2000年ごろはそのピークだ。

 その規模は、中国奥地の荒れ地を覆う草や雪の量に左右されるし、偏西風に乗った黄砂の本流のルートによっても変わる。

 砂漠化、乾燥化も黄砂の増大に関係する。あの黄河が干上がるほどの水量減少も起きている。黄河断流だ。近年の黄砂は黄河に代わって大気中を流れる「空の黄河」なのかもしれない。多い年だと1億トンもの土砂が空に舞い上がる。

 国連の気候変動政府間パネル(IPCC)も気候変動と黄砂の関係に注目し始めた。

 日本では呼吸器障害や花粉症への悪影響が心配されるようになっているのだが、黄砂にはプラスの面もあるという。

 北太平洋に落ちた黄砂のミネラル分は、植物プランクトンの養分になるし、日本列島では酸性雨の中和効果ももたらす。だが、それも程度問題だ。大規模黄砂では、有用面もかすむ。(長辻象平)

【関連記事】
「黄砂」増大可能性 ぜんそくや花粉症の悪化も 
黄砂で方位不明の船を救助 11管、沖縄本島沖で
北京で再び黄砂を観測
全国各地で黄砂観測 空の便に影響
中国北部で今年最大の黄砂
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

山崎さんアーム作業成功=宇宙基地にコンテナ取り付け−初飛行ヤマ場、トラブルなく(時事通信)
平沼・与謝野氏は「北極と南極」 国民新・自見氏(産経新聞)
<掘り出しニュース>山口・湯田温泉の「白狐まつり」盛大に ゆるキャラ縄跳びも(毎日新聞)
デフレ脱却へ、協調姿勢確認=鳩山首相と白川日銀総裁が会談(時事通信)
ケアベア 福岡に特設コーナー…米国生まれの人気キャラ(毎日新聞)
posted by イソムラ ジロウ at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

<向田邦子賞>該当作なし 82年度の第1回以来初めて(毎日新聞)

 優れたテレビドラマの脚本家に贈られる、第28回向田邦子賞(同賞委員会、東京ニュース通信社主催)は6日、選考の結果、該当作なしと発表された。1982年度の第1回以来、該当作なしは初めて。記者会見で、選考委員の座長を務めた脚本家の池端俊策さんは「大変残念だが、過去の受賞作と比較した結果、選考に至らなかった」と述べた。

【関連ニュース】
田中麗奈:「客席は風や木のつもりで」舞台初主演 「思い出トランプ」公開リハーサル

<埼玉保険金殺人>八木死刑囚の再審請求棄却 さいたま地裁(毎日新聞)
新党、月内結成へ=与謝野、園田氏−平沼氏との連携も(時事通信)
フィギュア 村上佳菜子選手が高校入学式(毎日新聞)
高速道路無料化 とまどう高速道路会社(レスポンス)
飲酒運転、免許再取得に「日記」義務化へ(読売新聞)
posted by イソムラ ジロウ at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。