2010年06月03日

説明にまごつく証人 苛立つ裁判長「もう一度」 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)

【法廷ライブ SS元船長初公判】(10)

 《調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」の船員だった男性証人に対する弁護側の証人尋問が続く。男性弁護士は環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」元船長のピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)が酪酸入りの瓶をランチャーで撃ち込んできたときの状況を質問する》

 弁護人「顔が痛いと感じたとき、上の方から水は降ってきましたか」

 証人「分かりません。波しぶきがあって、あたりは水浸しでした」

 弁護人「ランチャーを撃った後、何かが割れる音は聞こえましたか」

 証人「ガラスが割れるような音は聞いていません」

 弁護人「顔に痛みを感じた後、船内に入るために上甲板を歩きましたよね?」

 証人「はい」

 弁護人「その間に足の裏でガラス片を踏むような感じはありましたか」

 証人「感じませんでした」

 《ここで別の男性弁護士が立ち上がり、質問を続ける》

 弁護人「シャワールームに入ったとき、『異臭がすごかった』と言いましたよね?」

 証人「はい」

 弁護人「シャワールームには最初に入ったのですか」

 証人「思いだせません」

 弁護人「人はいましたか」

 証人「いたような、いなかったような。どちらがどっちとは言えません」

 弁護人「(起訴状で顔面を負傷したとされている)乗組員とは一緒に入りましたか。ほかに痛みを訴えた人と3人で同時に入りましたか」

 証人「それはないです。同時には入っていないと思います」

 弁護人「シャワールームで顔を洗うように指示がありましたか」

 証人「はい」

 弁護人「誰の指示ですか」

 証人「□□甲板長(法廷では実名)でした」

 弁護人「シャワールームで声を掛けてきたのですか」

 証人「デッキ上です」

 《弁護人は、酪酸で被害が出たとする証人に当時の経緯を詳しく聞きたいようだ》

 弁護人「シャワールームで軟膏(なんこう)を塗りましたか」

 証人「『シャワールームで軟膏を塗った』とは一言も言ったことはないです。船橋(ブリッジ)で塗りました」

 弁護人「何という薬ですか」

 証人「最初に塗った軟膏の名前は覚えていません。2回目に塗った軟膏は(調査捕鯨船団の)ほかの船からもらいましたが、その名前は××軟膏(法廷では商品名)です」

 《弁護側は××軟膏をほかの船からもらった経緯について質問を重ねる。証人が説明にまごつき、多和田隆史裁判長がいらだったような表情をしながら証人を指さし、「もう1度答えて」などと促す》

 《証人は第2昭南丸がほかの船に接近してロープを渡し、ロープで袋に入った軟膏を引き寄せたことを説明した。弁護人は質問の内容を変える》

 弁護人「日本に帰ってから診察を受けたと言っていましたね?」

 証人「はい」

 弁護人「何のためですか?」

 証人「それは…アレです」

 《女性通訳が口を挟む。今回の証人尋問ではよく目にする場面だ》

 通訳「アレって、どういう意味ですか」

 証人「診断してもらうために行きました」

 弁護人「そのとき、けがは治っていましたか」

 証人「はい」

 弁護人「診断してもらう必要があるんですか」

 証人「体のことですから…」

 弁護人「どうやって診断したんですか」

 証人「(医師は)顔の状態と写真を見ました。そのときの状況を伝えました」

 《写真とは何か。やや言葉足らずの感もある証人に多和田裁判長は再び不機嫌になっていく》

 裁判長「あなたが写真を持って行ったの?」

 証人「いいえ。検事さんと一緒に行きました」

 裁判長「検事と一緒に病院に行き、(被害直後の)写真を見せたわけ?」

 証人「はい」

 弁護人「最後の質問です。(酪酸を浴びたときに着ていた)レインコートは処分しましたね?」

 証人「はい。(ほかの乗組員に)『くさいだけだから』と言われました」

 弁護人「いつ処分しましたか」

 証人「たぶん2月12日だったと思います」

 弁護人「翌日ですね」

 証人「はい」

 《続いて検察側の最終尋問に移る》

 検察官「被告がランチャーを撃ったときの状況ですが、インパルス銃を撃ちましたか」

 証人「はい」

 検察官「痛みを感じたときと、インパルス銃を撃ったときの前後関係を確認させてください。弁護人の質問に混乱していたようですから。端的に答えてください。どっちが先ですか」

 証人「SSが先に撃ってきました」

 検察官「聞きたいのは、痛みを感じたとき、インパルス銃を撃ったときのどちらが先かということです」

 証人「インパルス銃を撃ってから痛みを感じました」

 検察官「時間の間隔は?」

 証人「1、2秒ぐらいです」

 検察官「当時はどんな靴を履いていましたか」

 証人「長靴です」

 検察官「靴底の構造は?」

 証人「ゴムより堅い生地です」

 《検察側の最終尋問が終了した。続いて多和田裁判長の両脇に座る男女の裁判官が証人に尋問していく》

 裁判官「2月11日に目のかゆみや痛みを感じてから顔を洗うまで、どれぐらいの時間がありましたか」

 証人「大体5分かかったかどうかぐらいだと思います」

 裁判官「その5分というのは、もともといた左舷上甲板から船首に移動して船内のシャワールームに行くまでの時間ですか」

 証人「はい」

 裁判官「その後は通常業務に戻ったんですか」

 証人「はい。多少痛みはありましたが、戻らないと行けなかったので戻りました」

 《ベスーン被告は、前屈みになって裁判官をじっと見ている。尋問は、証人が事件当日に装備していたインパルス銃の中身に移った》

 裁判官「インパルス銃の中身が自分の顔にかかることもありえますか」

 証人「そうですね。全くかからないってことはないかもしれません」

 裁判官「これまでインパルス銃に水以外のものを入れたことはありますか」

 証人「いや、ありません」

 裁判官「先ほどシャワーで顔を洗ったと言っていましたが、その水はどこからの水ですか」

 証人「もともと船のタンクがあって、そこから使っていると思います」

 裁判官「タンクの水はインパルス銃の水と同じですか」

 証人「船内にはタンクがいろいろあって、どこのタンクの水を使っているかは分かりません」

 《裁判官は、証人らがやけどをした原因について、ベスーン被告の発射した酪酸以外だった可能性があるか確認したかったようだ。続いて酪酸を浴びた直後の状況について質問していく》

 裁判官「目や顔の痛みを感じてから船首の方に行って船内に入ったんですよね? 船首に向かう途中で、被害の大きかった男性に近づいたんですよね?」

 証人「はい。うずくまっているところを見つけました」

 裁判官「彼に近づくに連れて痛くなったり、痛みが弱まったりしましたか」

 証人「痛くなってきました」

 裁判官「ところで、日本に帰ってきてから病院に行ったときに見せた写真は、いつの写真でしたか」

 証人「多分、事件の次の日の写真だと思います」

 裁判官「シャワールームから出て現場の片付けをしたと言っていましたが、具体的には何を使ったんですか」

 証人「中和剤と聞いていますが初めて使ったので…。ほかに消火ホースやインパルス銃などを片づけました」

 裁判官「酪酸の瓶の片付けはしていないんですか」

 証人「僕自身はしていません」

 裁判長「中和剤をまいた範囲は?」

 証人「左舷側の瓶が破裂した辺り一帯です」

 《多和田裁判長と2人の裁判官による尋問はここで終わり、尋問は終了した》

 裁判長「長時間おつかれさまでした」

 《裁判長が証人の労をねぎらうと、証人は足早に法廷を後にした》

 裁判長「本日の審理はこれで終わります」

 《「分かりました」という意思表示をするかのようにベスーン被告は一度、頷いた。傍聴人が先に退廷する中、ベスーン被告はまっすぐ、検察側の方を見つめていた》

 《次回公判は28日午前10時から、引き続き証人尋問が行われ、起訴状で顔面を負傷したとされている男性乗組員と、母船「日新丸」に乗っていた船医が証言台に立つ予定だ》 =(完)

【関連記事】
【法廷ライブ】(1〜)職業は「キャプテン」「傷害の意図なかった」 SS元船長初公判ライブ 
SS元船長初公判 APなど外国メディアが速報 
SS船長初公判 笑顔を浮かべる余裕も 入廷のベスーン被告
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 
「政治的意図で逮捕状」と批判 シー・シェパード代表

外交文書、30年で自動公開=新規則に明記、陣容も強化―外務省(時事通信)
亀井氏は首相の続投を支持 長妻氏も「職務貫徹を」(産経新聞)
<至学館大硬式野球>男女チーム分割を検討…愛知大学リーグ(毎日新聞)
スーパーカブなどに不具合、ホンダがリコール(読売新聞)
民主参院議員が悲鳴「世論の逆風をしのげない」(産経新聞)
posted by イソムラ ジロウ at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

【月と太陽の物語】鳥取砂丘 「砂の惑星」に降り立った(産経新聞)

 空と砂の織りなす表情を撮りに、鳥取砂丘(鳥取県鳥取市)を訪れた。

 鳥取砂丘の見どころは、砂が風によって作る、波のような模様の風紋だ。有名観光地だけに、いたるところに観光客らの足跡が残っていて、きれいな風紋を探すのが難しい。

 午後、砂丘に到着した。訪れた人はまず、遠くに見える砂の丘の高みを目指して歩き出す。周囲は一面の砂で、荒涼とした砂漠を行くように錯覚してしまう。まるで、映画に出てくる異星の探検者の気分。

 砂丘の上には、きらめく日本海を眺める家族連れやカップル。人の足跡がない遠くへさらに歩む若者たち。

 日没にはまだ時間があった。減光する濃い色のフィルターをつけ、レンズ越しに太陽を見る。シルエットになった人の姿が空を背景に浮かぶ。

 丘の上を歩く人の姿と太陽の位置をうまく合わせるため、足もとを砂にすくわれそうになりながら、望遠レンズを抱えて場所を変える。太陽が色を変え、明るさも落ち着いたとき、夕日と一緒に記念写真を撮る人影が太陽とうまく重なった。

 太陽が沈み、星明かりだけの砂丘。細くやせた月が日本海に沈もうとしている。長時間露光で砂丘と月を撮影してみると、足跡がクレーターの穴のように写り、ますます異星に降り立った感じが増した。

 人が踏み荒らした砂の表面も、ひとたび強い風が続くと、きれいに均(なら)されてしまう。新たな砂の惑星が誕生したかのように。(写真報道局 山田哲司)

法人税下げ・消費税上げ…自民が公約原案(読売新聞)
<八街放火殺人>中村さんの背中に刺し傷 致命傷の可能性(毎日新聞)
「民主党政権に失望」―障害者法違憲訴訟団(医療介護CBニュース)
観光バス衝突、12人けが=千葉・いすみ市の国道(時事通信)
国内医療用医薬品が2ケタ増収―エーザイ(医療介護CBニュース)
posted by イソムラ ジロウ at 00:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。