2010年01月31日

富田林の飲酒ひき逃げ事件 弁護側が上告(産経新聞)

 大阪府富田林市で平成19年、飲酒後に車を運転し長野勝成さん=当時(42)=をはね死亡させたとして、自動車運転過失致死罪に問われた建設作業員、市瀬篤史被告(36)の弁護人は28日、懲役1年4月の実刑を言い渡した15日の大阪高裁判決を不服として、最高裁に上告した。

 弁護人は「飲酒ひき逃げが量刑に考慮されているのは不当」と説明。一方で長野さんの妻、ちえみさん(33)は「被告が反省しておらず、判決を受け入れなかったのではないか」と話した。

 起訴されなかった飲酒運転について、1審大阪地裁は「量刑に反映できない」として懲役2年6月、執行猶予4年を言い渡したが、大阪高裁は「軽視するわけにはいかない」と判断していた。

【関連記事】
車に巻き込み20メートル引きずる 女性死亡、容疑の男逮捕
大阪・富田林ひき逃げ 2審は実刑 大阪高裁
大阪・生野の死亡ひき逃げで男逮捕 事故後、車ナンバー外す
「雪の塊かと…」お年寄りを24キロ引きずり死なせた左官逮捕 北海道
神奈川県警がひき逃げ容疑者釈放 部下「自分が事故」…どちらが関与? 

囲碁 謝依旻が女流3冠制覇 7年ぶり2人目(毎日新聞)
衆院選訴訟で違憲判決=1人別枠方式「格差助長」−無効請求は退ける・広島高裁(時事通信)
幼い娘の裸で小遣い稼ぎ、母「罪悪感なかった」(読売新聞)
小沢氏、説明責任果たす=聴取後会見を評価−平野官房長官(時事通信)
フィアット不買運動 イタリア与党の青年部が発表(レスポンス)
posted by イソムラ ジロウ at 03:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。