2010年03月18日

東大寺 夜空焦がす「籠たいまつ」 担ぎ手の童子、勇躍(毎日新聞)

 奈良・東大寺の修二会(しゅにえ)(お水取り)で12日夜、ひときわ大きい「籠(かご)たいまつ」が二月堂に登場した。長さ約8メートル、重さ約70キロのたいまつ11本が次々と夜空に浮かび上がった。

【日本の伝統音楽のルーツは東大寺】関西再度ストーリー

 午後7時半過ぎ、1本目のたいまつが点火され、童子(どうじ)が担いで(練行衆=れんぎょうしゅう)を先導し、二月堂への石段を上がった。童子が欄干から突き出して回すと、火の粉が舞い落ち、詰めかけた参拝客から歓声が上がった。

 30回目のベテラン童子、八木悟さん(67)は体力の衰えを感じ、引退を決意。「最後の籠たいまつや」と気合を入れて階段を上った。13日未明には、本尊に供える水を二月堂下の井戸からくみ上げる「水取り」がある。おたいまつは14日夜まで。開催中の平城遷都1300年祭は4月24日からメーン会場の平城宮跡(奈良市)でイベントが始まる。【花澤茂人】

【関連ニュース】
【写真付き記事】東大寺:春の夜焦がす「おたいまつ」 二月堂のお水取り
【東大寺を写真で】霧に包まれる東大寺大仏殿
【写真特集】東大寺も他の神社仏閣も 日本の世界遺産

両陛下、愛子さまに気遣い…関係児童にも配慮(読売新聞)
ニチアス、佐藤常務に代表権…代表取締役を2人体制に(レスポンス)
小沢幹事長、鳩山邦夫氏との連携「全く考えず」(産経新聞)
バンダイナムコ、“コリラックマ”デザインのミニノートPCを発売
米銀への無利子預金が1億ドル 日米「密約」のひとつか(産経新聞)
posted by イソムラ ジロウ at 04:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。